SACとファッション産業気候行動憲章、スコープ3測定のためのガイダンス発行

11月8日、アパレル業界の国際サステナビリティ団体Sustainable Apparel Coalition(SAC)は、国連気候変動枠組条約に基づく「ファッション産業気候行動憲章(ファッションチャーター)」と連携し、アパレル・フットウェア企業が購入品・サービス(PG&S)排出量をより効率的かつ一貫して測定できるよう、新しいガイダンスを作成した。本ガイダンスは現在公開されており、11月30日まで意見を募集している。

アパレル・フットウェア分野の企業にとって、スコープ3の排出量は通常、総排出量の大部分を占める。本ガイダンスの目的は、アパレル及びフットウェア部門に特化したPG&S排出量算定のための指針を提供することであり、これにより以下のことが可能となる。

  • アパレル及びフットウェア企業がPG&Sインベントリを作成する方法について、より一貫性を持たせる。
  • 企業は、一次データと二次データの組み合わせの必要性など、 同分野が直面する共通の課題を克服できる。
  • PG&S排出量測定のプロセスを開始する企業は、より効率的に、業界の慣行に沿った形で測定できるようになる。その結果、より多くの企業が排出量を測定し、目標を設定するようになると期待される。
  • より一貫性のあるインベントリにより、アパレル・フットウェア部門は、SBTとの整合性を保つために必要なGHG削減への進捗をより正確に測定できるようになる。

【参照ページ】
(原文)SAC and Fashion Industry Charter for Climate Action open public consultation on guidance for accurate and consistent scope three measurement
(日本語訳)SACとファッション産業気候行動憲章、スコープ3測定のためのガイダンス発行

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る