IBM、気候適応に焦点を当てた社会的インパクト・プログラムに65億円を投資

3月6日、テック大手のIBMは、テクノロジーに特化した気候適応ソリューションを通じて都市の回復力を高めることを目的とした新たなイニシアティブの一環として、同社の社会的インパクト・プログラムであるIBMサステナビリティ・アクセラレーターに4,500万ドル(約65億円)を投資する新たなコミットメントを発表した。

2022年に設立されたIBMのサステナビリティ・アクセラレーターは、IBMのテクノロジーと専門知識を応用して非営利団体や政府のイニシアティブを拡大し、脆弱な人々が環境問題に対処できるよう支援することを目的としたソリューションを開発する。本プログラムはこれまでに、持続可能な農業、クリーンエネルギー、水管理などの分野に焦点を当てた3つのコホートで、世界各地で15のプロジェクトを支援してきた。

今度のコホートでは、国連のSDG11「持続可能な都市とコミュニティ」に沿って、都市のレジリエンシーを促進するソリューションのための新たな提案依頼書(RFP)を発行したとIBMは発表した。IBMによると、新しいRFPは、気候変動や異常気象によって悪化する可能性のある環境悪化や不十分な都市インフラなど、都市化が急速に進む中で都市が直面している課題に取り組むプロジェクトを支援することを目的としている。

新しいRFPが対象とするプロジェクト分野の例としては、AI基盤モデルや地理空間分析、自然・建築インフラへの影響を予測するための気象・気候予測、公共サービスの資産管理などが挙げられる。4,500万ドル(約65億円)は、IBMが5年間にわたって現金と技術・サービスの現物支給で寄付する。申請者の選考基準には、都市環境の脅威に脆弱なコミュニティへの支援レベル、気候変動緩和のための技術ソリューション案の実現可能性とサステナビリティ、測定と報告に関する透明性などが含まれる。

IBMは、新たなコミットメントとRFPに加え、サステナビリティ・アクセラレーター・プログラムにおいて、グローバルなプロフェッショナル・サービス企業であるEYとの新たな戦略的協力関係を開始することを発表した。EYは、RFPの選考プロセスにおけるサポート、組織開発コーチング、能力開発ワークショップを通じて、レジリエント・シティ・コホートに貢献する。

【参照ページ】
(原文)IBM Commits Up To $45M to Climate Adaptation, Starting With New RFP for Resilient Cities
(日本語参考訳)IBM、気候適応に焦点を当てた社会的インパクト・プログラムに65億円を投資

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る