投資家グループ、欧州の銀行に対し新規の石油・ガス融資を停止するよう要請

投資家、欧州の銀行に対し、HSBCに続いて新規の石油・ガス融資を停止するよう要請

2月10日、1.5兆ドル(200兆円)以上の運用資産を代表する30の投資家グループは、欧州の大手銀行のCEOと取締役会議長に書簡を送り、今年中に新たな石油・ガス田への融資を停止するよう銀行に要求した。

本活動は、責任投資NGO ShareActionが取りまとめており、同NGOは、化石燃料の世界最大の融資先の1つであるHSBCでも気候キャンペーンを主導し、HSBCが2022年12月に発表した、新規石油・ガスプロジェクトや新規冶金石炭鉱山への融資を行わないという画期的な方針に関して同銀行と関わりを持っている。

【関連記事】HSBC、新規の石油・ガスプロジェクト向け融資を終了

Barclays、BNP Paribas、Crédit Agricole、ドイツ銀行、Societe Generaleに送られた書簡は、HSBCが定めた新しい方針と、BBVA、ING、ロイズ銀行グループ、UniCreditなど他の欧州大手銀行による同様の公約を引用し、「2050年までにネット・ゼロを約束するすべての銀行の新しい最低レベルの野望」としている。

ShareActionによると、HSBCに続き本活動の対象となった5つの銀行は、石油・ガス拡張企業のトップ企業に対するヨーロッパ最大の融資先である。各銀行は2050年までにネット・ゼロを約束しているが、書簡では、「1.5℃の経路で2050年までにネット・ゼロに達する可能性は50%で、2021年以降に新しい油・ガス田を作る余地はない」とIEAの警告を引用している。

本書簡は、今年中に新しい油田・ガス田への直接融資を止めることを銀行に求める一方で、「これらの新しい油田・ガス田の背後にある企業に速やかに目を向けるよう」働きかけている。

【参照ページ】
(参考記事)Investors urge European banks to end new oil and gas financing

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る