英規制当局、「カーボン・ニュートラル」「ネット・ゼロ」の広告に関する新ガイダンスを発表

英規制当局、「カーボン・ニュートラル」「ネット・ゼロ」の広告に関する新ルールを発表

2月10日、英国の広告規制機関である広告基準庁(ASA)は、「カーボンニュートラル」や「ネット・ゼロ」といった用語の使用を含め、環境サステナビリティを主張する広告主に対する新しいガイダンスを発表した。

ASAの広告・放送広告委員会(CAPおよびBCP)が発表した本ガイダンスは、カーボンニュートラルおよびネット・ゼロ主張の普及が進み、消費者がこれらの主張によって誤解を受ける可能性があることを受けたものである。

本ガイダンスでは、広告において、無条件のカーボンニュートラル、ネット・ゼロ、または同様の主張の使用を避け、主張の根拠を説明する情報を確実に含めること、マーケティング担当者はどの程度二酸化炭素排出量を積極的に削減しているか、またはオフセットに基づく主張をしているかについて正確な情報を記載すること、将来の目標に基づく主張はそれを達成するための検証可能な戦略に基づいていること、を勧告している。さらに、オフセットに基づくクレームには、使用されたオフセットスキームに関する情報を含める必要がある。

ASAは、本ガイダンスの影響を6ヶ月間モニターし、主張の立証を評価するための情報を収集する。将来的には、立証のためにどのような主張の証拠が受け入れられるかについて、ガイダンスを提供する見直しを行う予定である。

【参照ページ】
(原文)Updated environment guidance: carbon neutral and net zero claims in advertising
(日本語参考訳)英規制当局、「カーボン・ニュートラル」「ネット・ゼロ」の広告に関する新ルールを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る