bp、2030年までに全米でEV充電に約1,300億円超の投資計画

bp、2030年までに全米でEV充電に約1,300億円超の投資計画 HertzのEVレンタル拡大による需要に対応

2月15日、 bpは2030年までに10億ドル(約1,378億円)を米国内のEV充電ポイントに投資する計画を発表し、総合エネルギー企業への変革を実現するための新たな一歩を踏み出した。

本投資は、アトランタ、オースティン、ボストン、シカゴ、デンバー、ヒューストン、マイアミ、ニューヨーク、オーランド、フェニックス、サンフランシスコ、ワシントンDCなどの主要都市にあるハーツの店舗に急速充電インフラを導入することを発表したHertz とbpが中心である。

急速充電設備の多くにはギガハブが設置される予定である。これは、bpとHertzがロサンゼルス国際空港(LAX)に設置することを発表しているような、大規模な急速充電ハブである。空港などの需要の高い場所で、ライドシェアやタクシードライバー、レンタカー利用者、一般消費者にサービスを提供する。

EV充電は、bpの5つの戦略的移行成長エンジンの1つであり、同社はこの10年間で投資を大幅に拡大することを見込んでいる。他の移行成長エンジンは、バイオエネルギー、水素、利便性、再生可能エネルギーと電力である。米国では比率が異なるが、2030年までに、bpは全世界の年間投資額の半分をこれらの事業に投入することを目標としている。

bpは、EV充電と戦略的なコンビニエンス・サイトの拡大により、お客様により低炭素な交通手段を提供する能力を高めることを目標としている。現在、bpは全世界で22,000カ所のEV充電ポイントを保有しており、2030年までに全世界で10万カ所以上(約90%が急速充電または超高速充電)の充電ポイントを設置することを目標としている。

本発表は、Hertzとbpが2022年に締結した覚書に基づくもので、bpのグローバル電化・充電ソリューションブランドである bp Pulse を活用し、Hertzの全国拠点に EV 充電ステーションネットワークを構築することを目的としている。

【参照ページ】
bp plans to invest $1 billion in EV charging across US by 2030, helping to meet demand from Hertz’s expanding EV rentals

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る