スターバックス、全米店舗のドライブスルーとモバイル注文でマイカップ使用可能に

1月3日、コーヒーチェーン世界大手米スターバックスは、米国およびカナダ全土のスターバックス直営店およびスライセンス店舗で、カフェ、ドライブスルー、スターバックスアプリでの事前注文時に、マイカップを使用可能にすると発表した。本発表により、モバイル注文時にマイカップを使用できる米国及びカナダ初の全国的コーヒーショップとなる。同社は2030年までに廃棄物を50%削減する目標を掲げており、今回のアクションもその一環。

マイカップを持参した顧客は、飲料が0.1ドル(15円)割引され、米国ではスターバックスリワード会員に25ボーナススターが付与される仕組み。注文時にマイカップを持参したことを伝え、マイカップをバリスタに渡す。また、ほとんどの店舗では、再利用可能な陶器製またはガラス製のカップをリクエストすることが可能。

ドライブスルーでは、注文の際、通常通り飲み物を注文し、マイカップを持参したことをバリスタに伝える。受け取り窓口では、バリスタが衛生と安全を確保するため、非接触型の容器を使って、蓋のない顧客のマイカップを回収。飲料は同じ方法で返却される。

同社は、スターバックス・トライヤー・イノベーション・ラボのパートナー(従業員)や全米の試験的な店舗で得た情報をもとに、実証を重ねていた。2023年春にコロラド州内の200のドライブスルー店舗で行われたパーソナルカップテストの成功を受けて、スターバックスの店舗パートナーは、全店舗がパーソナルカップに注文を移すために使用するカスタム再利用可能カップ用スモールウェアについて情報を提供し、共同設計に協力した。

スターバックスは30年来、再利用可能なカップのオプションを支持しており、近年スターバックスは世界中の店舗で20以上の再利用可能なテストを実施し、今後もさらに多くのテストを計画している。

【参照ページ】
Starbucks Becomes First National Coffee Retailer to Accept Reusable Cups for Drive-thru and Mobile Orders

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る