GM、ゼロ・エミッションへの移行に伴う公平性の欠如に対処するため、Climate Equity Fundを設立

GM

自動車大手のGeneral Motors(GM)は、電気自動車やその他の持続可能な技術への移行における公平性の格差に対処することを目的とした、2,500万ドルの「Climate Equity Fund」の設立を発表した。この基金は、GMの会長兼CEOであるメアリー・バーラが、電気自動車への移行に伴う公平性への配慮の必要性を強調し、ゼロ・エミッションの未来というビジョンを追求する中で、公平な気候変動対策を優先することを約束して発足した。


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    2022-6-28

    低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    6月24日、低炭素建築技術企業のVestackは、成長の加速、増産、研究開発の資金調達を目的として…
  2. Neste・ATR・Braathens、100%持続可能な航空燃料による初フライトを実施

    2022-6-28

    Neste・ATR・Braathens、SAFを使用した初フライトを実施

    6月21日、再生可能燃料供給会社Neste、リージョナル航空機メーカーATR、スウェーデンの航空会…
  3. G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    2022-6-28

    G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    6月26日、ドイツで開催されたG7サミットで、主要先進国の首脳は、主に途上国に焦点を当てた「質の高…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る