GM、ゼロ・エミッションへの移行に伴う公平性の欠如に対処するため、Climate Equity Fundを設立

GM

自動車大手のGeneral Motors(GM)は、電気自動車やその他の持続可能な技術への移行における公平性の格差に対処することを目的とした、2,500万ドルの「Climate Equity Fund」の設立を発表した。この基金は、GMの会長兼CEOであるメアリー・バーラが、電気自動車への移行に伴う公平性への配慮の必要性を強調し、ゼロ・エミッションの未来というビジョンを追求する中で、公平な気候変動対策を優先することを約束して発足した。


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. 2023-11-29

    三井物産とJOGMEC出資のArctic2、米政府の経済制裁対象者に指定

    11月3日、三井物産は、エネルギー・金属鉱物資源機構(JOGMEC)と共同出資するオランダ法人Ja…
  2. 2023-11-29

    トヨタと大林組、CFRP端材をコンクリート材に再生利用

    11月9日、トヨタ自動車と大林組は、トヨタ自動車の共燃料電池車「MIRAI」の水素タンクに使用して…
  3. 2023-11-29

    経産省、海底熱水鉱床開発の第2回総合評価を公表

    11月8日、経済産業省及びドイツのエネルギー・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は、海底熱水鉱床開発…

アーカイブ

ページ上部へ戻る