独CCEP、詰め替えボトリングのインフラに58億円超を投資

独CCEP、詰め替えボトリングのインフラに58億円以上を投資

2月23日、ドイツのCoca-Cola Europacific Partners (CCEP) は、リターナブルボトルに4,000万ユーロ(約58億円)以上を投資し、再利用可能なパッケージング能力を強化した。

本投資は、北ドイツのリューネブルクにある新しい充填ラインと、西ドイツのメンヘングラッドバッハにあるガラス瓶用の新しい包装機への出資となり、リターナブルガラス瓶で販売する飲料を拡大するCCEPの計画を後押しする。

ドイツでは今後、ガラス瓶の使用量が増加すると予想されており、今回の投資は、市場の需要に応えつつ、持続可能な社会の実現に向けた取り組みを推進するのに役立つ。ドイツのCCEPは、すでに2019年に「Coca-Cola」と「Coca-Cola Zero Sugar」用の新しい1リットルガラスボトルを導入している。

リューネブルクの新しい充填ラインは、ドイツ北部の生産ラインから最終消費者までの移動距離を短縮することで、パッケージングによる二酸化炭素排出量の減少に貢献すると期待されている。

また、リューネブルク工場は2024年夏までの稼働を予定しており、この地域で雇用を創出する予定である。

詰め替え用ソリューションへの投資は、CCEPが包装廃棄物をなくし、二酸化炭素排出量を削減しようとする方法のひとつにすぎない。これは、持続可能性行動計画「This is Forward」の一環として、2040年までにネット・ゼロを目指し、2030年までにバリューチェーン全体の排出量を30%削減するという同社の野望に沿ったものである。

【参照ページ】
(原文)Coca-Cola Europacific Partners in Germany invests over 40 million euros in refillable bottling infrastructure
(日本語参考訳)独CCEP、詰め替えボトリングのインフラに4,000万ユーロ以上を投資

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る