クリーンテックスタートアップClearflame、大型エンジンの脱炭素化ソリューションで約40億円を調達

クリーンテック新興企業Clearflameが大型エンジンの脱炭素化ソリューションで約40億円を調達

3月9日、クリーンテックスタートアップのClearFlame Engine Technologiesは、3000万ドル(約40億円)を調達したことを発表した。この資金は、同社が再生可能燃料でヘビーデューティーエンジンを駆動するソリューションを市場に投入するためのものだ。

2016年に設立されたシカゴを拠点とするClearFlameの特許技術は、大型ディーゼルエンジンをよりクリーンな燃焼の再生可能液体燃料で稼働させることを可能にする。当初はトラック輸送をターゲットとしているが、同社は鉱業、農業、発電分野でのパートナーシップやソリューションの応用も模索している。

ClearFlameは、北米の大手自動車会社数社と共同で、5台のトラックを試験的に導入していると述べている。同社の技術は、既存の製造、給油、メンテナンス、修理のエコシステムに統合しながら、ディーゼルエンジンと同じパワー、耐久性、性能を持つ長距離トラック輸送などの市場に提供できるとしている。

シリーズBの資金調達ラウンドは、エネルギーおよびコモディティ企業のMercuria Energy Groupが主導し、2021年にClearFlameの1700万ドル(約22億円)のシリーズA資金調達を主導した既存投資家のBreakthrough Energy Venturesも参加している。今回のラウンドでは、リオ・ティント、モビリティ・エネルギー企業であるコペックの戦略的ベンチャー部門であるWIND Venturesが追加投資した。

【参照ページ】
(原文)ClearFlame Engine Technologies Raises $30 Million in Series B Funding
(日本語参考訳)ClearFlame Engine TechnologiesがシリーズBの資金調達で3000万ドル(約30億円)を調達

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 独CCEP、詰め替えボトリングのインフラに58億円以上を投資

    2023-3-14

    独CCEP、詰め替えボトリングのインフラに58億円超を投資

    2月23日、ドイツのCoca-Cola Europacific Partners (CCEP)&n…
  2. bp、2030年までに全米でEV充電に約1,300億円超の投資計画 HertzのEVレンタル拡大による需要に対応

    2023-3-14

    bp、2030年までに全米でEV充電に約1,300億円超の投資計画

    2月15日、 bpは2030年までに10億ドル(約1,378億円)を米国内のEV充電ポイントに投資…
  3.  

    2023-3-14

    成田国際空港と東京ガス、「株式会社 Green Energy Frontier」を設立・事業開始

    2月20日、成田国際空港(NAA)と東京ガス株式会社(東京ガス)は、成田国際空港にエネルギー供給を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る