クリーンテックスタートアップClearflame、大型エンジンの脱炭素化ソリューションで約40億円を調達

クリーンテック新興企業Clearflameが大型エンジンの脱炭素化ソリューションで約40億円を調達

3月9日、クリーンテックスタートアップのClearFlame Engine Technologiesは、3000万ドル(約40億円)を調達したことを発表した。この資金は、同社が再生可能燃料でヘビーデューティーエンジンを駆動するソリューションを市場に投入するためのものだ。

2016年に設立されたシカゴを拠点とするClearFlameの特許技術は、大型ディーゼルエンジンをよりクリーンな燃焼の再生可能液体燃料で稼働させることを可能にする。当初はトラック輸送をターゲットとしているが、同社は鉱業、農業、発電分野でのパートナーシップやソリューションの応用も模索している。

ClearFlameは、北米の大手自動車会社数社と共同で、5台のトラックを試験的に導入していると述べている。同社の技術は、既存の製造、給油、メンテナンス、修理のエコシステムに統合しながら、ディーゼルエンジンと同じパワー、耐久性、性能を持つ長距離トラック輸送などの市場に提供できるとしている。

シリーズBの資金調達ラウンドは、エネルギーおよびコモディティ企業のMercuria Energy Groupが主導し、2021年にClearFlameの1700万ドル(約22億円)のシリーズA資金調達を主導した既存投資家のBreakthrough Energy Venturesも参加している。今回のラウンドでは、リオ・ティント、モビリティ・エネルギー企業であるコペックの戦略的ベンチャー部門であるWIND Venturesが追加投資した。

【参照ページ】
(原文)ClearFlame Engine Technologies Raises $30 Million in Series B Funding
(日本語参考訳)ClearFlame Engine TechnologiesがシリーズBの資金調達で3000万ドル(約30億円)を調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る