Morgan Stanley、社会的弱者のキャリア形成を促進するための取り組みを開始

Morgan Stanley、社会的弱者のキャリア形成を促進するための取り組みを開始

12月21日、Morgan Stanleyは、包摂研究所において「教育・キャリアにおける公平性コンソーシアム」を立ち上げたことを発表した。これは、多様な民族の学生を中心に、社会的弱者の高校生や大学生がより強いキャリアと経済的成果を得られるように支援することを目的とした新しい取り組みとなっている。

この取り組みは、米国の低・中所得層の高校生および大学生への支援に重点を置くパートナーのコンソーシアムを集めたもので、パートナー団体には A Better Chance, America Needs You, Braven, Hispanic Federation, iMentor および SEO が含まれている。

このコンソーシアムは、学生が地域社会で目にすることのないキャリアパスや機会に触れ、トレーニング、指導、コーチングを通じてスキルやネットワークを広げ、教育やキャリアの旅を通して学生のサポートシステムを構築することを目的としている。また、5年間で2,000万ドル(約23億円)を拠出し、世界中の低・中所得層の学生3万人以上に影響を与えることを目指す。

この取り組みは、Morgan Stanleyが昨年設立した包摂研究所に続くもので、恵まれない地域の経済的成果を高めるための投資、恵まれない地域への慈善活動支援、特に人種的公平性に焦点を当てた支援、そして会社内部の多様性と包括性の取り組みに対する支援と助言を行うことを使命としたものである。

【参照ページ】
(原文)Morgan Stanley Launches Initiative to Advance Equity in Education and Career Outcomes for Underrepresented Groups
(日本語訳)Morgan Stanley、社会的弱者のキャリア形成を促進するための取り組みを開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る