UBS、気候変動リスク管理に十分な進展がみられないExxonとImperial Oilなど5社のダイベストメントを決定

UBS、気候変動リスク管理に十分な進展がみられないExxonとImperial Oilなど5社のダイベストメントを決定

12月20日、UBSアセット・マネジメントは、気候リスク管理における十分な進展が見られないエネルギー企業5社を、気候変動対策ファンドおよび株式・債券サステナビリティ運用ファンドからダイベストメントしたことを発表した。この5社には、Exxon Mobil、Imperial Oil、Kepco、Marathon Oil、Power Assetsが該当する。

UBSによると、今回のダイベストメントの決定は、気候変動への対応が遅れていると指摘されていた石油・ガス会社49社に対して3年間実施されたエンゲージメント・プログラムに従ったものだという。現在までのところ、対象企業の60%が低炭素経済への移行に向けて「良好または優れた」進捗を遂げているとのことだ。

UBS AMのClimate Awareファンドの1つは、英国の年金基金Nestのために運用されている。2021年6月時点で、ファンドに含まれるエネルギー企業5社のNestの株式保有額は4,000万ポンド(約60億5,785万円)にのぼる。

【参照ページ】
(参考記事)UBS excludes Exxon Mobil from climate funds
(日本語訳)UBS、気候変動リスク管理に十分な進展がみられないExxonとImperial Oilのダイベストメントを決定

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る