藻類からバイオ燃料を製造するViridos、ビル・ゲイツらから約33億円を調達

藻類からバイオ燃料を製造するViridosが、ビル・ゲイツ、United Airlines、Chevronから約33億円を調達、エクソン撤退の後

3月13日、藻類バイオ燃料企業のViridosは、持続可能で低炭素な藻類ベースのジェット燃料およびディーゼル燃料の製造と商業化のための研究開発を支援する目的で、2500万ドル(約33億円)の資金を調達したことを発表した。

このシリーズAは、ビル・ゲイツが設立したBreakthrough Energy Venturesが主導し、ChevronとUnited Airlines Venturesが参加したもので、先月、長年にわたってViridosのパートナーだったExxonMobilが同社との提携を解消したというメディアの報道を受けている。Viridosは、2010年にエクソンと研究開発パートナーシップを結び、藻類を原料とする次世代バイオ燃料の開発で協業していた。

2005年に設立されたViridosは、特に航空機、トラック、船舶、列車などの大型輸送用途に適した持続可能な航空燃料(SAF)や再生可能ディーゼル(RD)などの再生可能燃料の好ましい原料として、藻類油を大規模に生産する微細藻類の設計、バイオエンジニアリング、配備に注力してきた。同社によると、同社の藻類油から作られるSAFとRDは、カーボンフットプリントを70%削減することが期待されているそうだ。

Viridiosによると、今回の資金調達は、藻の油の生産性をさらに高め、商業的に展開可能なレベルに到達させるための研究開発に使用される予定である。

今回の資金調達には、最近設立されたユナイテッド航空ベンチャーズ・サステナブル・フライト・ファンドからの500万ドルの投資が含まれており、同ファンドにとって初めての投資となります。このファンドは、 United Airlines のほか、 Air Canada、Boeing、GEAerospace、JPMorgan Chase、Honeywellなどのパートナーから1億ドル(約133億円)以上の出資を受けて先月設立され、SAFの研究、技術、生産に焦点を当てた新興企業への投資と支援を目的にしている。

【参照ページ】
(原文)Breakthrough Energy Ventures Leads $25M Series A for Viridos’ Revolutionary and Sustainable Algae Biofuels

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る