Johnson Controls、ビルオーナー向けに排出量を評価・追跡・管理するツールを提供開始

Johnson Controls、ビルオーナー向けに排出量を評価・追跡・管理するツールを提供開始

3月13日、建物効率化、制御、オートメーション企業のJohnson Controlsは、ビルオーナーや管理者が二酸化炭素排出量の評価、目標設定、排出量の管理・追跡を行うための単一のダッシュボードを提供することを目的とした新しいデータツール「OpenBlue Net Zero Advisor」を発表した。

Johnson Controlsによると、規制当局がネット・ゼロ目標に向けた進捗状況を証明するために、ビル所有者に信頼性の高い排出量報告を求めている一方で、データソースがバラバラで、地域の状況が異なり、報告枠組みが多数あるため、データの収集、分析、活用に課題があることから、新ツールの発売を決定した。

本ソリューションは、カーボンフットプリント評価、目標設定、排出量管理、追跡を包括する「オールインワン」ツールでこれらの問題に対処し、世界中のビルポートフォリオ全体のデータを集約し、ビルの排出量削減のための洞察を提供し、報告を支援する。このツールは、公共料金の請求書、現場の再生可能エネルギー源、地域の排出係数から自動的に抽出されたデータを利用してスコープ1および2の排出量を計算し、クレジットやカーボンオフセットを考慮した各建物サイトの純排出量を算出する。

この新製品は、同社が2021年に発売したスマートビルディング技術・サービス「OpenBlue」と、持続可能な建物に特化した「OpenBlue Net Zero Buildings as a Service」に続くものだ。

【参照ページ】
(原文)BUILDING MANAGERS CAN DIGITALLY ASSESS CARBON FOOTPRINTS, SET EMISSIONS TARGETS, MANAGE EMISSIONS, AND TRACK PROGRESS FOR REPORTING

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る