アサヒグループ、気候変動に関する目標値を上方修正。脱炭素に向けて500億円以上を投資

アサヒグループ、目標値を再上方修正。脱炭素に向けて500億円以上投資

アサヒグループホールディングスは1月21日、気候変動に関する中長期目標「アサヒカーボンゼロ」の目標値を上方修正すると発表した。また、PETボトルの環境配慮素材への切り替えについて新たな目標を設定した。

同社は2050年CO2排出量ゼロの目標に向けて環境目標の上方修正を行い、2030年のScope1・2における目標値を現在の50%削減(2019年比)から70%削減(2019年比)とした。これは2020年12月に同目標値を30%削減(2015年比)から50%削減(2019年比)に上方修正したことに続き、二度目の上方修正となる。

また、容器包装に関する新目標として「2030年までにPETボトルを100%環境配慮素材に切り替える」ことを設定した。

国内では、ケミカルリサイクルにより再生された樹脂を100%使用した大型PETボトルを2022年4月から生産開始予定。また、海外ではアサヒビバレッジズ社が異業種と協業して建設したリサイクルPETボトル原料製造工場が2022年2月に稼働予定だ。

【参照ページ】「アサヒグループ環境ビジョン2050」の推進

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る