GM、電気トラックとバッテリーの生産能力増強に向け、8,000億円以上の投資を発表

GM、電気トラックとバッテリーの生産能力増強に向け、8,000億円以上の投資を発表

1月25日、ゼネラルモーターズは過去最大規模の投資計画を発表し、地元ミシガン州に70億ドル(約8,000億円)以上の投資を行うことを明らかにした。今回の投資により、GMは2025年末までに北米で100万台以上のEV生産能力を確保することを見込んでいる。

GMの計画には、ミシガン州の4つの製造拠点への投資が含まれている。その中には、シボレー・シルバラードEVとGMCシエラEVの生産に向けたオリオン・タウンシップ組立工場の改築(40億ドル)やランシング地域での280万平方フィートのバッテリーセル製造工場新設(26億ドル)、ランシング地域の2つの車両組立工場に短期的な製品強化のための投資などが含まれている。本バッテリー施設への投資は、LGエナジー・ソリューションズとの合弁会社であるウルティウム・セルズを通じて行われる。

オリオンの改造とウルティウム電池の新工場、およびデトロイト・ハムトラムク組立センターのファクトリーゼロへの再構成完了により、GMのフルサイズEVトラックの総生産能力は60万台に達し、2025年までに北米でEV市場のリーダーになるという目標を達成することができる。

【参照ページ】
(原文)GM Accelerates its Drive to Lead the EV Industry with $7 Billion Investment in Michigan, Creating 4,000 New Jobs and Retaining 1,000
(日本語訳)GM、電気トラックとバッテリーの生産能力増強に向け、8,000億円以上の投資を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る