ISS ESG、ネット・ゼロへの投資の適合性を評価するソリューションを発表

 

10月29日、ISS(Institutional Shareholder Services)の責任投資部門であるISS ESGは、投資家が2050年のネット・ゼロ・シナリオと投資の整合性を評価できるようにすることを目的とした新しいツール群「Net Zero Solutions」を発表した。

この一連のソリューションは、投資家が2050年までにポートフォリオの排出量をネット・ゼロにするという目標を設定する傾向が強まっており、投資先の目標と進捗状況をさらに明確にすることが求められている。

最近、多くの企業がネット・ゼロの目標を発表しているが、その目標の多くは科学的な不整合や、不十分な目標達成がみられる。9月にScience Based Targetsイニシアチブが発表した調査結果によると、気候変動に関する目標を設定しているG20の4,200社以上の企業のうち、科学的根拠に基づいているのはわずか20%である。同様に、プロフェッショナルサービス企業のアクセンチュアが発表したレポートによると、大多数の企業が気候変動のネット・ゼロ目標を達成するための軌道に乗っていないことが明らかになった


ISS ESG Net Zero Solutionsは、2022年第1四半期の発売を予定しており、29,000の発行体の気候データ、23,000の発行体のエネルギーおよび抽出物データ、8,000の発行体のEUタクソノミー適格性データをカバーしている。また「Net Zero Portfolio Report」では、排出量の開示状況、化石燃料へのエクスポージャー、将来のパフォーマンスの可能性、気候変動を緩和する収益、目標設定など、ポートフォリオのネット・ゼロへの準備状況を集約して表示する。

【参照ページ】
(原文)ISS ESG Launches Net Zero Solutions
(日本語訳)ISS、Net Zero Solutionsを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る