Getting to Zero Shipping Coalition、海運業界の2050年までの完全な脱炭素化について分析した報告書を発表

 

9月21日、世界経済フォーラム(WEF)と国際環境NGOのEnergy Transitions Commission(ETC)が運営する「Mission Possible Platform」の下部組織、Getting to Zero Shipping Coalitionが海運業界の2050年までの完全な脱炭素化について分析した報告書を発表した。

本報告書では、「産業界、各国政府、IMOでの前向きな進展」が見られるものの、これらの公約を具体的な進展に結びつけることが、さらなる進展のために不可欠であるとしている。

Getting to Zero Shipping Coalitionは、世界経済フォーラムおよび世界海事フォーラムと連携し、海運バリューチェーン全体から200以上のメンバーが参加する業界主導の連合で、アクションプランの5つのレバーに対する進捗を検証し、6月にコペンハーゲンで開催されたワークショップで、連合メンバーから今後の行動達成に向けて業界からの多くの意見が出され、取り組みに貢献している。

本報告書はSZEF(スケーラブル・ゼロ・エミッション燃料)の技術と供給に関する進捗状況について、海運が「部分的に軌道に乗っている」だけであることを明らかにした。海運の脱炭素化に関するパイロットプロジェクトや実証プロジェクトは200以上あり、バンカリングや安全ガイドラインに関しても国際的に進展が見られるが、パイロットからSZEFの生産委託・投資・インフラ整備に移行することが、重要な要件となっている。

UMASの分析によると、業界は2030年までにSZEFのバンカリングと生産のために年間約400億ドル(約5兆8,258億円)の投資を約束する必要があると予想され、報告書はSZEF生産インフラのための資金約束をより明確にする必要性を指摘している。

また、現在のSZEF対応船舶の発注はさらに増加し、真のゼロカーボン貨物市場の出現が予想されるとしている。

政策については、GHG排出量の価格設定に関する合意など、前向きな政策シグナルが2023年のIMOで確固たる合意に結びつくことが不可欠であり、来年はIMOの温室効果ガス戦略の改定前の重要な機会であると著者は述べている。

【参照ページ】
Shipping taking promising first steps towards 2030 breakthrough goals on scalable zero emission fuels

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る