SBTi、セメント産業の脱炭素化に向け、世界初の1.5℃科学的根拠に基づくフレームワークを発表

 

9月21日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、セメントセクターの企業や建設業などのセメントの潜在ユーザー向けに、1.5℃に沿った近・長期目標を設定する初の枠組みである「セメント科学的根拠に基づく目標設定ガイダンス」を発表した。

本ガイダンスは、セクター固有の1.5℃脱炭素化パスウェイの科学的根拠を提供するものである。本ガイダンスには、セメントとコンクリートセクター特有の目標設定とプロセスへの対処方法に関する詳細なガイダンス、温室効果ガス算定基準と勧告、また、様々なタイプの企業が検証のために目標を提出する際に、このツールとガイダンスをどのように利用できるかについての例が含まれている。本セクターは、産業界で2番目に大きなCO2排出者であり、全世界のCO2排出量の約7%を占めている。

現在までに、30社以上のセメント会社が科学的根拠に基づく目標を設定し、そのうち3分の1がネット・ゼロを約束している。経済的な競争力を維持し、地球温暖化の影響による人類の苦しみを最小限に抑えるためには、この業界で排出量削減目標を設定する企業の数を飛躍的に増やすことが極めて重要である。国際エネルギー機関(IEA)によると、2050年までのネットゼロエミッションのシナリオに沿うためには、セメント部門は気候変動対策を強化し、2030年までに年間3%のCO2排出量を削減する必要があるとしている。

本ガイダンスを通じて、SBTiは、セメントバリューチェーン内の企業が、地球温暖化を1.5℃に抑えるために、どの程度、どの程度迅速に排出量を削減する必要があるのかを概説している。目標設定に用いる定義(例:セメントとセメント質製品、グロス排出量)、範囲(例:スコープ3排出量と呼ばれる購入品や流通からの排出など、企業の管理外の排出の役割)、コンクリート製造からの排出を目標に含める方法などを明確にし、セクター特有の方法論上の疑問を解決するとともに、企業にとって目標設定と検証を容易にするものである。

SBTiセメントガイダンスは、クリンカ、セメント、コンクリート製造会社、クリンカやセメントを自社で製造しないバリューチェーン内の会社、建設業など他の潜在的なユーザー、新しい結合材やセメント代替物の生産者などを含む。

本ガイダンスは、セメントを購入する会社のために設計されたものであり、その会社からの排出は、スコープ3インベントリに含まれることになる。一般的なスコープ3手法を用いる代わりに、セメント経路を用い、セメント調達をカバーする目標を設定することができる。

【参照ページ】
(原文)SBTi launches world first 1.5°C science-based framework to decarbonize the cement industry
(日本語訳)SBTi、セメント産業の脱炭素化に向け、世界初の1.5℃科学的根拠に基づくフレームワークを発表

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-11-29

    目指すは建設業界の人的資本の最大化。助太刀が推進するESG・サステナビリティ経営

    2022年10月、建設業界向けマッチングプラットフォーム「助太刀」を運営する株式会社 助太刀は、「…
  2. 2022-11-28

    SACとファッション産業気候行動憲章、スコープ3測定のためのガイダンス発行

    11月8日、アパレル業界の国際サステナビリティ団体Sustainable Apparel Coal…
  3. 2022-11-28

    ネスレ、食糧安全保障と気候変動への耐性強化でアフリカ・フード・プライズと提携

    11月9日、ネスレは、アフリカ農業の変革に向けた取り組みを支援するため、アフリカ・フード・プライズ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る