Hertzとbp、北米でのEV充電を加速するために協業

 

9月27日、Hertzとbpは、bpのグローバルな電化・充電ソリューションブランドであるbp pulseを利用したEV充電ステーションの全国ネットワークの構築に関する覚書に調印したことを発表した。本覚書は、Hertzとbpがモビリティの未来を推進し、EVの普及を加速させるための基盤を構築するものである。

本契約には、bp pulseによるHertzの充電インフラの管理と、Hertzで増え続ける電気レンタカーをレンタルする間に迅速かつ効率的に充電するためのOmegaソフトウェアのカスタマイズも含まれている。Omegaは、EV、充電器、電力使用量などをリアルタイムで把握しながら、電力価格が安いときに充電を自動化することでフリートオペレーションをサポートする。

Hertzは北米全域に拠点を有しており、タクシーやライドシェアの運転手、一般消費者を含むHertzの顧客向けに急速充電ハブのネットワークを構築・管理するために、bpパルスが最適な場所である。

Tesla、Polestar、GMからの大規模な購入を通じて、Hertzは何万台ものEVを集め、38州にわたる500のHertz拠点で利用できるようにしている。Hertzの目標は、2024年末までに保有車両の4分の1をEVにすることであり、さまざまなEVメーカーからの買収を通じて成長を続けている。Hertzは、これまで数千の充電ステーションに投資してきたが、今回のbp pulseとの提携により、全国的な充電設備の設置数を大幅に拡大することが可能になる。

bpは、北米におけるモビリティおよびフリート製品・サービスの成長へのコミットメントの一環として、2021年にフリート充電およびエネルギー管理会社のAmply Powerを買収した。Amply Powerは現在、bp pulseとして再ブランド化され、2022年に複数の州にある25のHertzレンタル拠点に充電インフラの設置を開始した。

bp pulseは、自動車、小型商用車、トラック向けの高速充電のグローバルネットワークを拡大しており、2030年までに10万台以上の充電器を設置し、そのうち約90%を急速充電器または超高速充電器にすることを目標としている。また、フリート事業者と提携し、保有車両の電動化を加速させている。

【参照ページ】
(原文)Hertz, bp collaborate to accelerate EV charging in North America
(日本語訳)Hertzとbp、北米でのEV充電を加速するために協業

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る