Johnson Controls、「Net Zero Buildings as a Service」を開始

Johnson Controls

Johnson Controls社は、建物の効率化、制御、自動化を行う企業として、「OpenBlue Net Zero Buildings as a Service」を発表した。

国際エネルギー機関(IEA)と国連環境計画(UNEP)によると、建物や不動産は地球規模の気候変動問題に大きく関与しており、炭素排出量の約40%を占めている。また、建物は長期的な性質を持つため、代替が最も難しい排出源の一つだ。

OpenBlue Net Zero Buildingsは、学校、キャンパス、データセンター、ヘルスケア施設、商業施設、産業界などに向けて、


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. 2023-11-29

    三井物産とJOGMEC出資のArctic2、米政府の経済制裁対象者に指定

    11月3日、三井物産は、エネルギー・金属鉱物資源機構(JOGMEC)と共同出資するオランダ法人Ja…
  2. 2023-11-29

    トヨタと大林組、CFRP端材をコンクリート材に再生利用

    11月9日、トヨタ自動車と大林組は、トヨタ自動車の共燃料電池車「MIRAI」の水素タンクに使用して…
  3. 2023-11-29

    経産省、海底熱水鉱床開発の第2回総合評価を公表

    11月8日、経済産業省及びドイツのエネルギー・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は、海底熱水鉱床開発…

アーカイブ

ページ上部へ戻る