Moody’s、世界の債券発行に占めるサステナブルボンドの割合が過去最高を記録

Moody’s、世界の債券発行に占めるサステナブルボンドの割合が過去最高を記録

11月7日、Moody’s Investors Serviceの新しいレポートによると、2022年第3四半期のグリーン、ソーシャル、サステナビリティ、持続可能性関連(GSSS)債券の発行額は減少したが、引き続き広範な債券市場よりも回復力があり、同四半期の市場シェアは16%を記録するまでに増加した。

これは、厳しいマクロ経済および地政学的環境が引き続き世界の債券発行を圧迫しているためだ。年初来の累計では、GSSS の発行額は 17%減の6,790 億ドル(約99.5兆円)となり、27%減となった市場全体を上回った。このような減少が続いていることから、 Moody’s は、世界のサステナブルボンドの通年発行額の見通しを、従来の1兆ドル(約146兆円)から9000億ドル(約131.9兆円)程度に引き下げた。

企業のサステナブルボンド発行額は過去数四半期で大きく後退し、2021年第2四半期のピーク時の1150億ドル(約16.8兆円)から第3四半期には530億ドル(約7.7兆円)に減少した。 Moody’s の報告書によると、今年のGSSSの発行額減少の大部分は企業の発行額が占めており、他のセクターは比較的安定している。

債券の種類別では、グリーンボンドが引き続きサステナブルボンド市場で最大のシェアを占めており、当四半期の発行額は1190億ドル(約17.4兆円)で全体の半分以上を占めたが、前年の第3四半期からは13%減少した。 Moody’sは、通年のグリーンボンド発行額の見通しを、従来の5,500億ドル(約80.6兆円)から5,000億ドル(約73.3兆円)程度に引き下げた。

第3四半期のソーシャルボンドとサステナビリティボンドの発行額は、前四半期比でそれぞれ5%、34%増加したが、ソーシャルボンドの発行額はパンデミック時の水準を大きく下回っており、サステナビリティボンドは累計ベースで24%減と低調な状態が続いている。

サステナビリティボンド(SLB)は、過去数四半期にわたってGSSS市場の中で最も急速に成長してきた分野であるが、第3四半期には大幅に減少し、第2四半期比59%減のわずか80億ドル(約1.1兆円)の発行額となった。 Moody’sのレポートによると、SLBが減少した要因は、より広範な市場圧力に加えて、「発行体のSLB目標の信頼性と堅牢性に対する市場の監視が強まったこと」と、「この市場セグメントの初期に高利回り発行体がSLBを検討する傾向が強かったため、このセクターが高利回り発行にさらされたこと」であるとされていえる。 Moody’sの予想では、SLBの発行額は通年で750億ドル(約10.9兆円)だ。

GSSSの発行額は減少しているが、 Moody’sは、より広い債務市場の状況が改善されれば、発行額は増加すると予想している。 Moody’sのレポートでは、GSSS市場に影響を与えると予想されるいくつかの政策や規制の要因として、EUタクソノミに関する報告書、持続可能投資ラベルや開示義務などの規則、米国のインフレ削減法の成立、中国のグリーンボンド原則の発表などを取り上げている。

【参考ページ】
(原文)Sustainable Bonds Hit Record Share Of Global Bond Issuance: Moody’s
(日本語訳)世界の債券発行に占めるサステナブルボンドの割合が過去最高を記録。ムーデイズ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る