BluesourceとElement Markets、合併を発表。グローバル脱炭素プラットフォーム誕生

 

2月23日、米国内のオフセット・プロジェクトを行うBluesourceと機関投資家向けに環境資産管理およびコンプライアンスサービスを提供するElement Marketsは合併を発表した。合併後の会社は、オルタナティブ資産会社TPGのインパクト投資プラットフォームであるTPG Riseが過半数を所有する。今回の投資は、TPG Rise Climateの新たなコミットメントとThe Rise Fundの追加投資によって行う。

両社の統合により、北米で最大かつ世界でも最大級の炭素・環境クレジットの販売・オリジネーターが誕生する。Bluesourceは、自然に基づくソリューション・プロジェクト開発・資本形成・アドバイザリーサービスにおける専門知識を提供し、Element Marketsは、低炭素燃料と温室効果ガス市場での資産管理・コンプライアンスサービスを提供することで、垂直統合型の気候変動特化企業として気候変動へのトランジションを加速する。

【参照ページ】
(原文)Bluesource & Element Markets are Combining to Form a Global Decarbonization Platform Backed by TPG Rise
(日本語訳)BluesourceとElement Markets統合、TPGライズが支援するグローバル脱炭素プラットフォームが誕生

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る