Climate TechスタートアップProject Canary、排出量測定ソリューション拡張のため約127億円を調達

 

2月24日、Climate TechスタートアップのProject Canaryは、排出量測定ソリューションの拡張と新分野への拡大のため、1億1,100万ドル(約127億円)の調達を発表した。

デンバーに拠点を置くProject CanaryはSaaSベースのデータ分析企業であり、企業が業務や排出プロファイルを測定・改善できるよう施設レベルでの環境評価と継続的モニタリングのソリューションを提供する。同社のソリューションにより、ユーザーはメタン・水・その他の気候関連エネルギーサプライチェーンのリスク要因などを評価することができ、商品購入者は集約産業の環境パフォーマンスの追跡が可能になる。

今回の資金調達ではInsight Partnersがリード投資家となり、Brookfield Growth、Canada Pension Plan (CPP) Investment board、Carica Sustainable Investmentのほか、Quantum Energy Partners、Energy Impact Partners、Frontier Venture Capitalが参加した。

Project Canaryは、新しい投資家を、SaaS・気候技術・エネルギー転換・業界の専門知識をもたらし、エネルギーライフサイクル全体から他の排出集約型部門への同社の拡大を支援する存在であると述べた。

【参照ページ】
(原文)Climate Tech Startup Project Canary Raises $111 Million to Scale Emissions Measurement Solutions
(日本語訳)Climate TechスタートアップProject Canary、排出量測定ソリューション拡張のため約127億円を調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る