みずほFG、580億円のグリーンボンドを発行。サステナブル・ファイナンスの目標達成に貢献

 

2月22日、みずほフィナンシャルグループ(みずほFG)は、5億ドル(約578億円)のグリーンボンドを発行し、グリーンプロジェクトの資金調達と、同行のサステナブル・ファイナンスの目標達成に貢献すると発表した。

みずほFGは、2019年度から2030年度にかけて12兆円の環境金融目標を掲げており、「環境ビジネスを加速させ、金融を通じて環境にプラスの影響を与えることを拡大する」ことを目的としている。同行は今回の融資を発表した声明の中で、本グリーンボンドがサステナブル・ファイナンスの一部資金として機能し、環境分野に高い関心を持つ投資家のニーズに応えるとしている。

みずほFGによると、本グリーンボンドで調達した資金は子会社のみずほ銀行に提供され、再生可能エネルギーを含む環境に配慮したプロジェクトに充当する。

【参照ページ】
グリーンボンドの発行について

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る