みずほFG、580億円のグリーンボンドを発行。サステナブル・ファイナンスの目標達成に貢献

 

2月22日、みずほフィナンシャルグループ(みずほFG)は、5億ドル(約578億円)のグリーンボンドを発行し、グリーンプロジェクトの資金調達と、同行のサステナブル・ファイナンスの目標達成に貢献すると発表した。

みずほFGは、2019年度から2030年度にかけて12兆円の環境金融目標を掲げており、「環境ビジネスを加速させ、金融を通じて環境にプラスの影響を与えることを拡大する」ことを目的としている。同行は今回の融資を発表した声明の中で、本グリーンボンドがサステナブル・ファイナンスの一部資金として機能し、環境分野に高い関心を持つ投資家のニーズに応えるとしている。

みずほFGによると、本グリーンボンドで調達した資金は子会社のみずほ銀行に提供され、再生可能エネルギーを含む環境に配慮したプロジェクトに充当する。

【参照ページ】
グリーンボンドの発行について

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-9-26

    日常と隣り合わせの社会貢献を。ナッジが進めるグリーン・フィンテック

    近年、ヨーロッパを中心に、地球規模の課題であるカーボンニュートラルに向けた取組みを金融テクノロジー…
  2. Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    2022-9-26

    Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    9月20日、Amazonと国際的なNPOであるWater.orgは、アジア・アフリカ・ラテンアメリ…
  3. Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    2022-9-26

    Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    9月20日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、環境に配慮した起業家と買い手を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る