Apollo、新たなサステナブル投資プラットフォームの立ち上げを発表

 

2月24日、米投資ファンド大手のApolloはエネルギー転換と産業の脱炭素化のための資金調達と投資に特化した、新たなサステナブル投資プラットフォームの立ち上げを発表した。

Apolloは、今後5年間でクリーンエネルギーと気候変動に関連する資本、500億ドル(約5兆8000億円)の投入を目指し、2030年までに1,000億ドル(約11兆5,000億円)以上を投入する機会を見出している。

本プラットフォームの立ち上げは、脱炭素化に向けた世界的な取り組みから生まれる大きな機会に投資する動きの一環である。最近のApolloの投資としては、エネルギー貯蔵ソリューションに特化した技術プロバイダーであるFlexGen Power Systemsへの1億5,000万ドル(約173億円)の出資や、C-PACEファイナンスプロバイダーのPetros PACE Financeの買収がある。また同社はESGとサステナビリティに焦点を当てた複数の採用を発表している。

本発表に加え、 Apolloは、サステナビリティに焦点を当てた一連のコミットメントを概説した。その中には同社の新規投資の保有期間中における炭素強度の中央値の15%削減、TCFDの勧告に沿った公開報告、サステナビリティに関する改善と目標に深く焦点を当てたデューデリジェンスの強化、エネルギー転換とより持続可能なビジネスモデルを加速する革新的企業の特定などが含まれている。

【参照ページ】
(原文)Apollo Launches Sustainable Investing Platform, Sees the Opportunity to Deploy More Than $100 Billion in Energy Transition and Decarbonization Investments by 2030
(日本語訳)Apollo、新しいサステナブル投資プラットフォームの立ち上げを発表

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る