DHL、サプライチェーンの排出削減サービス「GoGreen Plus」を航空貨物へ拡大

 

2月24日、DHL Global Forwardingは、サプライチェーンの排出削減サービス「GoGreen Plus」の航空貨物への拡大を発表した。

DHLの「GoGreen」サービスは、国際的に認められた気候保護プロジェクトへの投資を通じ、輸送中に発生する排出量を相殺し、気候変動に左右されない輸送を荷主に提供する。GoGreen Plusは、カーボン「インセット」による実質的な排出量削減を目指し、荷主が従来の化石燃料を持続可能な燃料に置き換えることを可能にする。

本サービスは、DHLの2030年までのサステナビリティロードマップの一部を構成し、燃料需要の少なくとも30%を持続可能な燃料でまかなうというサブターゲットに貢献する。また、このロードマップの一環として、同社はCO2排出量削減のために今後10年間で70億ユーロ(約9,050億円)のOPEXおよびCAPEXへの投資を計画しており、特に代替航空燃料に重点を置いている。

同社は、顧客がサステナビリティに貢献しCO2排出量の絶対量を削減できるよう、さらなるオプションや排出量削減商品の導入を目指し、他の部門でもGoGreen Plusサービスの開発を進める。

【参照ページ】
DHL GLOBAL FORWARDING LAUNCHES GOGREEN PLUS SERVICE TO REDUCE EMISSIONS IN AIR FREIGHT

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る