Gilead Sciences、HIVケアの不公平に対処するため、モーハウス医科大学・ルイジアナ大学との協働を発表

 

8月17日、米バイオ創薬大手Gilead Sciencesは、モーハウス医科大学およびルイジアナ大学ザビエル薬学部と健康公平性に関する協働を発表した。本共同研究は、米国南部の黒人コミュニティにおけるHIVケアの不公平に対処することに重点を置いている。

Gilead Sciencesは、HIVの蔓延を食い止めすべての人々の健康状態を改善するために、健康の公平性に取り組み、社会的地位の低い人々や不当に影響を受けている人々を支援している。

本研究により、不公平がHIV感染率の上昇や、黒人系アメリカ人のHIV臨床転帰を悪化させることが明らかになっている。COVID-19の大流行は、特に米国南部において、こうした健康上の不公平をさらに浮き彫りにし、悪化させている。Gilead Sciencesは、3年間で合計450万ドル(約6億円)の資金を提供し、3都市での活動を支援する予定である。アトランタ、ラテンアメリカのバトンルージュ、ニューオーリンズの3都市での活動を支援するためである。

健康の公平性に取り組むGilead Sciencesのプログラムには、米国南部におけるHIV/AIDSの不公平に取り組むために10年間で1億ドル(約140億円)を投じるCOMPASS Initiativeがあり、黒人コミュニティに最も多く存在する構造的障壁に挑み続けている。また、同社のZeroing Inプログラムは、HIVとCOVID-19の流行によって二重の苦しみを受けている41カ国のコミュニティを支援している。

Gilead Sciencesはまた、黒人コミュニティに影響を与える人種的不公平と戦う組織を支援するために、1,000万ドル(約14億円)の人種的公平コミュニティ・インパクト基金を設立した。最新の報告書では、Funders Concerned About AIDSは、Gilead SciencesをHIV/AIDSプログラムへの総合的な慈善資金提供者第1位に選んだ。

【参照ページ】
(原文)Gilead Sciences Announces Collaboration With Morehouse School of Medicine and Xavier University of Louisiana College of Pharmacy to Address Inequities in HIV Care
(日本語訳)Gilead Sciences、HIVケアの不公平に対処するため、モーハウス医科大学およびルイジアナ大学ザビエル薬学部との協働を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る