Gilead Sciences、HIVケアの不公平に対処するため、モーハウス医科大学・ルイジアナ大学との協働を発表

 

8月17日、米バイオ創薬大手Gilead Sciencesは、モーハウス医科大学およびルイジアナ大学ザビエル薬学部と健康公平性に関する協働を発表した。本共同研究は、米国南部の黒人コミュニティにおけるHIVケアの不公平に対処することに重点を置いている。

Gilead Sciencesは、HIVの蔓延を食い止めすべての人々の健康状態を改善するために、健康の公平性に取り組み、社会的地位の低い人々や不当に影響を受けている人々を支援している。

本研究により、不公平がHIV感染率の上昇や、黒人系アメリカ人のHIV臨床転帰を悪化させることが明らかになっている。COVID-19の大流行は、特に米国南部において、こうした健康上の不公平をさらに浮き彫りにし、悪化させている。Gilead Sciencesは、3年間で合計450万ドル(約6億円)の資金を提供し、3都市での活動を支援する予定である。アトランタ、ラテンアメリカのバトンルージュ、ニューオーリンズの3都市での活動を支援するためである。

健康の公平性に取り組むGilead Sciencesのプログラムには、米国南部におけるHIV/AIDSの不公平に取り組むために10年間で1億ドル(約140億円)を投じるCOMPASS Initiativeがあり、黒人コミュニティに最も多く存在する構造的障壁に挑み続けている。また、同社のZeroing Inプログラムは、HIVとCOVID-19の流行によって二重の苦しみを受けている41カ国のコミュニティを支援している。

Gilead Sciencesはまた、黒人コミュニティに影響を与える人種的不公平と戦う組織を支援するために、1,000万ドル(約14億円)の人種的公平コミュニティ・インパクト基金を設立した。最新の報告書では、Funders Concerned About AIDSは、Gilead SciencesをHIV/AIDSプログラムへの総合的な慈善資金提供者第1位に選んだ。

【参照ページ】
(原文)Gilead Sciences Announces Collaboration With Morehouse School of Medicine and Xavier University of Louisiana College of Pharmacy to Address Inequities in HIV Care
(日本語訳)Gilead Sciences、HIVケアの不公平に対処するため、モーハウス医科大学およびルイジアナ大学ザビエル薬学部との協働を発表

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る