GPIF 、「優れた統合報告書」と「改善度の高い統合報告書」 を発表

GPIF 、「優れた統合報告書」と「改善度の高い統合報告書」 を発表

2月22日、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、国内株式の運用を委託している運用機関に対して、「優れた統合報告書」と「改善度の高い統合報告書」の選定を依頼した結果を発表した。

今回も運用機関に対して、それぞれ最大10社の選定を依頼し、2ページのリストの通り、「優れた統合報告書」については延べ67社(前回77社)、「改善度の高い統合報告書」については延べ95社(前回100社)が選ばれた。

そのうち、多くの運用機関から「優れた統合報告書」として高い評価を得た企業は以下の通りであった。「改善度の高い統合報告書」については、4機関以上から票を得た企業はなく、幅広い企業が選定された。

また今回、統合報告書が運用機関・企業双方にとって有意義な開示となるよう、運用機関における統合報告書の活用状況・方法についても回答を依頼し、その内容を5ページ以降に記載している。

【4機関以上の運用機関から高い評価を得た「優れた統合報告書」】

  • 伊藤忠商事  7機関
  • リコー  6機関
  • 日立製作所 6機関
  • 東京海上ホールディングス 5機関
  • オムロン 6機関
  • 味の素 4機関

【参照ページ】
GPIF の国内株式運用機関が選ぶ「優れた統合報告書」と「改善度の高い統合報告書」

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る