脱炭素化へ向け、ENEOSと双日が豪州で大規模ソーラー建設へ

脱炭素化へ! ENEOSと双日が豪州で大規模ソーラー建設へ - マイナビニュース

ENEOSと双日は、6月10日、オーストラリアのEdenvale Solar Parkを買収し、大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設を開始することを発表した。

両社はEdenvale Solar Parkに50%ずつを出資し、発電する再生可能エネルギー電力のうち7割は現地の電力小売会社に安定的に販売する。残り3割のうちの一部を双日が現地で保有する炭鉱に供給し、CO2排出削減につなげたい考えだ。

【参照ページ】当社初となる豪州太陽光発電事業への参画について

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る