LG、価格競争やサプライチェーンの課題によりソーラーパネル事業から撤退

 

2月23日、LG Electronicsは、価格競争の激化、原材料費の高騰、サプライチェーンの課題など様々な要因を理由に、ソーラーパネル事業の閉鎖決定を発表した。

LGの太陽光発電事業の営業利益率は過去数四半期にわたって低下しており、直近の2四半期ではマイナスに転じている。同社は太陽電池モジュール事業の不振に加え、部品価格の上昇と物流費の増加を原因に挙げた。

LGは、1988年に最初の携帯用太陽電池技術を販売したことに始まり、2008年に最初の太陽電池パネルを生産するなど、数十年にわたり太陽電池分野で積極的に活動している。今後、同社はビジネスソリューション部門を情報技術と情報ディスプレイを主要な柱として再編成し、再生可能エネルギー分野では、エネルギー貯蔵やエネルギー管理ソリューションなどの成長分野に注力する。

【参照ページ】
(原文)LG to Close Solar Panel Business
(日本語訳)LG、価格競争やサプライチェーンにおける課題でソーラーパネル事業から撤退

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る