Amgen、環境負荷低減プロジェクトを資金使途とする860億円のグリーンボンドを発行

 

2月22日、Amgenは、再生可能エネルギーなどの分野における環境負荷低減プロジェクトへの資金提供のため、7億5,000万ドル(約864億円)のグリーンボンド発行を発表した。

本計画では、2027年までのカーボンニュートラル達成、水の使用量40%削減、廃棄物の処理量75%削減を目標としている。さらに、自社事業からの二酸化炭素排出量を大幅に削減する革新的技術への投資や、再生可能エネルギーの調達も計画している。

Amgenはグリーンボンドを「Green Financing Framework」に基づいて発行した。本フレームワークでは、グリーンボンド発行による資金調達の投資対象分野、プロジェクトの評価・選定プロセス、報告義務などを規定している。

【参照ページ】
(原文)AMGEN ISSUES INAUGURAL GREEN BOND TO ADVANCE ESG GOALS
(日本語訳)Amgen、環境負荷低減プロジェクトの資金として7億5千万ドルのグリーンボンドを発行

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-9-26

    日常と隣り合わせの社会貢献を。ナッジが進めるグリーン・フィンテック

    近年、ヨーロッパを中心に、地球規模の課題であるカーボンニュートラルに向けた取組みを金融テクノロジー…
  2. Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    2022-9-26

    Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    9月20日、Amazonと国際的なNPOであるWater.orgは、アジア・アフリカ・ラテンアメリ…
  3. Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    2022-9-26

    Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    9月20日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、環境に配慮した起業家と買い手を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る