Amgen、環境負荷低減プロジェクトを資金使途とする860億円のグリーンボンドを発行

 

2月22日、Amgenは、再生可能エネルギーなどの分野における環境負荷低減プロジェクトへの資金提供のため、7億5,000万ドル(約864億円)のグリーンボンド発行を発表した。

本計画では、2027年までのカーボンニュートラル達成、水の使用量40%削減、廃棄物の処理量75%削減を目標としている。さらに、自社事業からの二酸化炭素排出量を大幅に削減する革新的技術への投資や、再生可能エネルギーの調達も計画している。

Amgenはグリーンボンドを「Green Financing Framework」に基づいて発行した。本フレームワークでは、グリーンボンド発行による資金調達の投資対象分野、プロジェクトの評価・選定プロセス、報告義務などを規定している。

【参照ページ】
(原文)AMGEN ISSUES INAUGURAL GREEN BOND TO ADVANCE ESG GOALS
(日本語訳)Amgen、環境負荷低減プロジェクトの資金として7億5千万ドルのグリーンボンドを発行

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る