Amgen、環境負荷低減プロジェクトを資金使途とする860億円のグリーンボンドを発行

 

2月22日、Amgenは、再生可能エネルギーなどの分野における環境負荷低減プロジェクトへの資金提供のため、7億5,000万ドル(約864億円)のグリーンボンド発行を発表した。

本計画では、2027年までのカーボンニュートラル達成、水の使用量40%削減、廃棄物の処理量75%削減を目標としている。さらに、自社事業からの二酸化炭素排出量を大幅に削減する革新的技術への投資や、再生可能エネルギーの調達も計画している。

Amgenはグリーンボンドを「Green Financing Framework」に基づいて発行した。本フレームワークでは、グリーンボンド発行による資金調達の投資対象分野、プロジェクトの評価・選定プロセス、報告義務などを規定している。

【参照ページ】
(原文)AMGEN ISSUES INAUGURAL GREEN BOND TO ADVANCE ESG GOALS
(日本語訳)Amgen、環境負荷低減プロジェクトの資金として7億5千万ドルのグリーンボンドを発行

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-24

    UNEP FI、マクロ経済モデルを用いた短期的な気候関連ショックを分析

    5月、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)は、 英国の国立経済社会研究所(NIESR) …
  2. 2022-5-24

    中国、ILOの強制労働条約の批准を承認

    4月20日、国際労働機関(ILO)は、中華人民共和国全国人民代表大会が、1930年の強制労働条約(…
  3. 日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    2022-5-24

    日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    5月19日、岸田文雄首相は、日本の脱炭素化およびクリーンエネルギー移行目標を達成するための大規模な…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る