EU理事会と欧州議会、工芸品・工業製品のGI保護に関する規則を制定

5月2日、欧州理事会と欧州議会は、工芸品および工業製品の地理的表示(GI)保護に関する規則について暫定的な合意に達した。本規則が最終的に承認されれば、これまで主に食品や飲料に用いられてきたGIが、ボヘミアンガラス、リモージュ磁器、ゾーリンゲン食器など、その品質が生産地と本質的に結びついている工業製品に拡大されることとなる。

EUでは現在、ワイン、蒸留酒、食品、その他の農産物について、特定のGI保護規則を定めているが、工芸品や工業製品についてはEU全体のGI保護はない。本規則は、工芸品や工業製品(宝飾品、織物、ガラス、磁器など)に対して、EUレベルで直接適用できるGI保護の確立を目的としており、農業分野のGIに対する既存のEU保護を補完する。

本規制は、欧州委員会が2020年11月に提示した「知的財産行動計画」に基づく重要な提案の1つである。欧州委員会は、2022年4月13日に規制案を発表、理事会は2022年12月1日にその一般的なアプローチを採択した。

工芸品や工業製品にEUレベルのGI保護がないことは、国内だけの問題にとどまらない。2019年11月、EUは原産地呼称と地理的表示に関するリスボン協定(世界知的所有権機関の国際条約)のジュネーブ法に加盟し、農産物と非農産物の両方のGIを対象としている。本提案は、EUが国際的な義務を果たし、条約によってもたらされる機会を最大限に活用することを可能にする。

【参照ページ】
(原文)Council and Parliament strike provisional deal to protect geographical indications for craft and industrial products
(日本語訳)EU理事会と欧州議会、工芸品・工業製品の地理的表示保護に関する規則を制定

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る