クリーンテック新興企業Release、約144億円を調達。ソーラー&ストレージ・ソリューションを展開へ

クリーンテック新興企業リリースが約144億円を調達、ソーラー&ストレージ・ソリューションを展開へ

7月19日、太陽光発電と蓄電の新興企業Releaseは、気候変動に特化したファンドマネージャーClimate Fund Managers(CFM)から1億200万ドル(約144億円)を調達し、アフリカ全域の電力会社や鉱山会社に太陽光発電とバッテリーソリューションを展開することを目的とした資金調達を行ったと発表した。

オスロを拠点とする再生可能エネルギー・ソリューション・プロバイダーのScatecが2019年に設立したReleaseは、鉱山および公益事業市場向けに、組み立て済みの拡張可能な太陽光発電所と蓄電池を設置するための独自の機器を提供している。Scatecによると、このソリューションは、新興市場における太陽光発電技術の導入における障壁を克服することを目的としており、迅速で費用対効果が高く、柔軟なリースオプションを提供する。

CFMは、Climate Investor One(CIO)ファンドを通じてリリース社に投資し、5,500万ドル(約77億円)を出資して32%の株式を保有する。さらに、CFMは総額4,700万ドル(約66億円)の株主融資を行い、一部は譲許的な条件となる。

Releaseは、カメルーン、南アフリカ、メキシコ、南スーダンで、合計47MWの太陽光発電と20MWhの蓄電池を備えたプロジェクトを進行中および建設中である。チャドではさらに35MWの太陽光発電と20MWhの蓄電池の契約を結んでいる。

【参考ページ】
(原文)Release by Scatec raises USD 102 million to accelerate growth ambitions
(日本語参考訳)リリース by Scatec、成長意欲加速のため1億200万米ドルを調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る