Nordea、トップへのインセンティブ報酬をESG目標に連動

Nordea、トップへのインセンティブ報酬をESG目標に連動

2月1日、北欧を拠点とする金融サービス企業Nordeaは、今年から上級役員向けの長期インセンティブプラン(LTIP)の一環として、持続可能な金融、気候、多様性に関する一連の目標達成を業績基準とするESGターゲットを導入すると発表した。

同社は、2021年に役員報酬プログラムにESG目標を含めることを決定しており、LTIPプログラムに目標が含まれるのは今回が初。

Nordeaの2023~2025年のLTIPは、CEO、グループリーダーシップチーム9名、シニアリーダー約50名など、「Nordeaの業績、収益性、顧客ビジョン、長期成長に直接影響を与える取り組みを行う」上級幹部および主要従業員を対象としている。本制度では、総株主利益と累積調整後一株当たり利益(aEPS)に加えて、持続可能な資金調達、ネット・ゼロ・コミットメント運用資産、ジェンダーバランス、信用度などの分野における進捗を検証するESGスコアカードが業績評価基準として用いられる。

ESGスコアカードの詳細は明らかにしていないが、Nordeaの2025年サステナビリティ目標に基づいて構築されている。Nordeaの2025年目標は、2000億ユーロ(約28兆円)以上の持続可能な資金調達の促進、気候変動に脆弱なセクターの大企業顧客へのエクスポージャーの90%を移行計画でカバーすること、ネット・ゼロ・コミット資産の割合を2倍にすること、トップ3のリーダーシップレベルにおいて各性別代表が少なくとも40%に達すること、など。

【参考ページ】
(原文)Nordea Bank Abp: Nordea launches Long Term Incentive Plan for 2023-2025
(日本語参考訳)ノルデア銀行Abp: ノルデア、2023年~2025年の長期インセンティブプランを開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る