EU、新車のゼロエミッションを義務付ける規則を採択

 

3月28日、欧州理事会は、2035年以降にEUで登録される新車とバンからのCO2排出量を100%削減するという要件を含む新規制を採択したと発表した。

本発表は、欧州委員会が提唱するロードマップ「Fit for 55」(2030年までに温室効果ガス(GHG)排出量を1990年比で55%削減するEUの戦略)の主要項目の1つである、EUにおけるより厳しいCO2排出性能基準の採用に向けた最後の大きな一歩となる。

新規制は2022年10月に欧州理事会と欧州議会で合意されたが、最終的な採択に至るまでには難題があり、ドイツは、カーボンニュートラル燃料(e-fuels)を使用することを条件に、2035年の期限後も内燃機関を許可するとの確約を要求していた。e-fuelsの使用に関する取り決めは、週末に欧州グリーンディール担当のフランズ・ティメルマンス上級副会長とドイツのフォルカー・ウィッシング運輸相によって発表された。

2035年の目標に加え、同規則には、2030年までに新車のCO2排出量を2021年比で55%、新車のバンを50%削減することを求める暫定目標も含まれている。

本規制は、ゼロエミッション交通への移行を可能にし、ゼロエミッション車への移行を阻害する消費者の燃料補給に関する懸念に対処することを目的としている。

【参照ページ】
(参考記事)EU approves law to end sales of new CO2-emitting cars by 2035

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る