Unibio、SIIGから約92億円の出資を受けると発表

 

3月29日、サステナブル・プロテイン企業のUnibio Internationalは、サウジアラビア産業投資グループ(SIIG)と約7000万ドル(約92億円)の投資で合意したことを発表した。Unibioは、本投資による資金を、世界的な生産能力の展開、事業能力の拡大、イノベーションと商業化の加速に充てると述べる。

2001年にロンドンに設立されたUnibioは、天然ガスを高濃度のタンパク質製品「ユニプロテイン」に変換する「U-Loopテクノロジー」を提供している。本製品は、動物用の飼料に直接添加できる上、耕地を使用せず、低水量での生産も可能である。さらに無農薬、完全トレーサビリティ、非遺伝子組み換えであることが特徴である。

Unibioは、今回の投資で得た資金は、”世界の人口増加に持続可能な方法で食料を供給するというビジョン “を実現するために投入されると述べる。ユニプロテインは、欧州連合で飼料用として承認されており、人間が直接消費できるタンパク質の生産も開発中であるという。

【参照ページ】
(参考記事)Unibio announces US$70 million investment agreement with the Saudi Industrial Investment Group (SIIG)

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る