Climentum Capital、気候ソリューションスタートアップの拡大に向け、約200億円のベンチャーファンドを立ち上げ

7月5日、ベンチャーキャピタルのClimentum Capitalは、CO2排出に取り組む欧州の初期段階の気候関連技術企業に投資し、その規模を拡大するために、1億5000万ユーロ(約200億円)のベンチャーファンドを新たに立ち上げることを発表した。

Climentum Capitalによると、本ファンドの投資テーマは、よりクリーンで循環型の再生可能な製品に向かう消費者の習慣の変化、気候に配慮した改革のペースを加速させる政府への圧力の高まり、持続可能性とカーボンニュートラルに対する企業の支出の増加、企業戦略の転換、エネルギーと商品市場に対する圧力の高まりなど、関連するいくつかのマクロトレンドに根ざしたものである。

同社は、欧州全域のレイトシードステージからシリーズAまでの25社のスタートアップに対し、100万ユーロ(約1.4億円)から500万ユーロ(約7億円)の範囲で投資を行う予定だ。投資対象として特定された主なCO2削減カテゴリーは、次世代再生可能エネルギー、食品・農業、産業・製造、建物・建築、輸送・移動、廃棄物・材料などである。

Climentum Capitalによると、本ファンドは、財務的目標と気候変動への影響目標の両方に基づく「デュアルキャリーモデル」を採用し、当初からCO2排出削減に特化するという。

本ファンドの最初のクロージングは確保されており、最終的なクロージングは2022年末になる見込みだ。初期の出資者には、BASF Venture Capital、Arbejdernes Landsbank、Vaekstfondenのほか、ファミリーオフィスや技術系起業家などが名を連ねている。

【参照ページ】
(参考記事)Climentum backs startups with $157M to ‘accelerate Europe’s green transition’
(日本語訳)Climentum Capital、気候ソリューションのスタートアップの拡大を目指し、約200億円のベンチャーファンドを立ち上げ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る