シーメンスとBayWa、CO2排出量オフセットツールで共同プロジェクト実施

7月27日、総合電機世界大手独シーメンスと独再生可能エネルギー発電大手BayWaは、CO2が最適化された工業生産を推進するために協力している。パイロット・プロジェクトの一環として、両社はシーメンスの排出量管理ソフトウェア「Sigreen」とBayWaの排出量オフセット用ソフトウェア「BayWa Carbon Connect」を組み合わせている。

将来的には、サプライチェーン全体にわたる製品固有の排出量を把握し、オフセットにつなげることができるようになる。最初のステップは、Sigreenを使ってサプライチェーン全体における製品の実際のカーボンフットプリントを特定することで、CO2を回避するための対策を導き出す。最終的には、BayWa Carbon Connectを通じて信頼できる気候保護プロジェクトからCO2証明書を購入することで、現在避けられない排出量をオフセットする。バイオマスや腐植土など、CO2を貯蔵するプロジェクトのみが、この共同パイロット・プロジェクトに選ばれる。

2つのソフトウェア・ソリューションを組み合わせることで、サプライヤーやサブサプライヤーのデータ主権を制限することなく、サプライチェーン全体で排出権オフセット・プロジェクトの情報を他社に転送することが可能になる。これは、企業自身のサプライチェーン内で、排出権オフセット・プロジェクトに関する統一された品質基準を定義し、取り入れるためのデジタル手段を提供する。将来的には、サプライヤーの製品がオフセットされたかどうか、どのようなプロジェクトでオフセットされたかをメーカーに知らせることができる。

アンベルクのシーメンス工場では、同スキームがすでに検証中である。プロジェクトの期間中(2023年1月1日から2023年12月31日)、シーメンスはオートメーション用コントローラー「Simatic S7-1500」の一部製品の生産によって発生したCO2排出量をオフセットする。これは、サプライチェーンから工場ゲートまでの排出量を考慮したもの。2015年から2022年の間に、アンベルク電子工場はCO2を49%削減し、2026年までにCO2ニュートラルにすることを目標としている。これまでにも、シーメンスは持続可能な材料の使用やサプライヤーとの協力により、製品ごとのカーボンフットプリントを削減している。2023年、この工場は世界経済フォーラムからサステナビリティ賞を受賞した。

【参照ページ】
(原文)Siemens and BayWa advance CO2-optimized production
(日本語訳)シーメンスとBayWa、CO2排出量オフセットツールで共同プロジェクト実施

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る