シーメンスとBayWa、CO2排出量オフセットツールで共同プロジェクト実施

7月27日、総合電機世界大手独シーメンスと独再生可能エネルギー発電大手BayWaは、CO2が最適化された工業生産を推進するために協力している。パイロット・プロジェクトの一環として、両社はシーメンスの排出量管理ソフトウェア「Sigreen」とBayWaの排出量オフセット用ソフトウェア「BayWa Carbon Connect」を組み合わせている。

将来的には、サプライチェーン全体にわたる製品固有の排出量を把握し、オフセットにつなげることができるようになる。最初のステップは、Sigreenを使ってサプライチェーン全体における製品の実際のカーボンフットプリントを特定することで、CO2を回避するための対策を導き出す。最終的には、BayWa Carbon Connectを通じて信頼できる気候保護プロジェクトからCO2証明書を購入することで、現在避けられない排出量をオフセットする。バイオマスや腐植土など、CO2を貯蔵するプロジェクトのみが、この共同パイロット・プロジェクトに選ばれる。

2つのソフトウェア・ソリューションを組み合わせることで、サプライヤーやサブサプライヤーのデータ主権を制限することなく、サプライチェーン全体で排出権オフセット・プロジェクトの情報を他社に転送することが可能になる。これは、企業自身のサプライチェーン内で、排出権オフセット・プロジェクトに関する統一された品質基準を定義し、取り入れるためのデジタル手段を提供する。将来的には、サプライヤーの製品がオフセットされたかどうか、どのようなプロジェクトでオフセットされたかをメーカーに知らせることができる。

アンベルクのシーメンス工場では、同スキームがすでに検証中である。プロジェクトの期間中(2023年1月1日から2023年12月31日)、シーメンスはオートメーション用コントローラー「Simatic S7-1500」の一部製品の生産によって発生したCO2排出量をオフセットする。これは、サプライチェーンから工場ゲートまでの排出量を考慮したもの。2015年から2022年の間に、アンベルク電子工場はCO2を49%削減し、2026年までにCO2ニュートラルにすることを目標としている。これまでにも、シーメンスは持続可能な材料の使用やサプライヤーとの協力により、製品ごとのカーボンフットプリントを削減している。2023年、この工場は世界経済フォーラムからサステナビリティ賞を受賞した。

【参照ページ】
(原文)Siemens and BayWa advance CO2-optimized production
(日本語訳)シーメンスとBayWa、CO2排出量オフセットツールで共同プロジェクト実施

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る