急速充電器EVプロバイダーElectra、約23億円を調達

急速充電器EVプロバイダー「Electra」が約23億円を調達

6月30日、電気自動車(EV)の急速充電を専門とするElectraは、フランスで一般公開されている急速充電ポイントによるネットワークの拡大、およびヨーロッパでの事業拡大を目的として、1億6000万ユーロ(約23億円)のエクイティファイナンスを実施したと発表した。

2021年に設立されたElectraは、EV普及の主な障害の1つを解決するために、急速充電ネットワークを展開することを目的としている。同社のアプリは、顧客の車両、近隣の充電ステーションの空き状況や電力を分析し、最適な充電オプションを推奨する。エレクトラの目標は、2022年末までに300カ所、2023年末までに600カ所、2030年までに8,000カ所以上の充電ポイントを設置することだ。

今回の資金調達は、急速充電器分野でフランス企業が達成した最大のもので、グローバルな投資グループであるEurazeoが主導し、RGREEN Invest、RIVE Private Investment、Serena、Chopardグループ、SNCFグループ(574 Invest)、RATP Capital Innovationが参加した。

Eurazeoによると、運輸部門の脱炭素化支援は、2026年までに55万トンのCO2排出を回避することにつながるという。

【参考ページ】
(原文)Bornes de recharge : le Français Electra lève 160 millions d’euros
(日本語)充電ステーション:仏エレクトラ社が1億6千万ユーロを調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る