世界風力エネルギー会議、洋上風力発電に関する新レポート発行

6月29日、世界風力エネルギー会議(GWEC)は、「グローバル洋上風力レポート」を発表した。

本レポートによると、洋上風力発電の新規容量は、2021年に過去最高の2,110万kWに増加した。 各国政府はエネルギー安全保障と経済性を求めて洋上風力発電技術に注目し、新たな野心的目標を設定し、新たなネット・ゼロエミッションの野望を達成しようと努力している。アップグレードされた目標の実施により、2025年以降、さらに洋上風力発電は拡大する見込みである。

GWECの「Global Offshore Wind Report 2022」は、各国政府が洋上風力発電に対してより野心的になっていることを示している。GWEC Market Intelligenceは、2030年の見通しを昨年のレポートから4,530万kW(16.7%)上方修正し、2022年から2030年にかけて26万kWの新しい洋上風力発電容量を追加した。同社は、この10年間の終わりまでに世界の洋上風力の総設備容量を316万kWにできると考えている。

【参照ページ】
Offshore wind industry enjoys best-ever year with 21.1 GW of installations and prepares for “new era of growth”

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る