低炭素建築材料のスタートアップTerra CO2、ビル・ゲイツのBreakthrough Energy Venturesからの支援を受け、約65億円を調達

7月12日、持続可能な建築材料のスタートアップであるTerra CO2 Technologyは、セメント生産用の低炭素代替材料の商業化を加速するため、4600万ドル(約65億円)の調達を発表した。

同社のソリューションは、温室効果ガス排出削減の最も困難な問題の1つに対処することを目的としている。セメントはコンクリートの主原料であり、その生産は世界のCO2排出量の約8%を占め、1000kgの材料を生産するごとに900kg以上の二酸化炭素が発生している。

そこでTerra CO2 Technologyは、地域の豊富な原料や廃棄物まで幅広く利用したセメント系材料を用いたコンクリートの製造によって、代替となるセメントに比べて、 排出量70%削減を可能にする。

本資金調達は、ビル・ゲイツ氏が設立したネット・ゼロのソリューションに特化したBreakthrough Energy Ventures(BEV)と、住宅メーカーのLennarの投資ファンドLENxが中心となって行われた。BEVは、2020年のTerraのシード資金調達ラウンドにも参加している。

【参照ページ】
(関連記事)Low Carbon Building Materials Startup Terra CO2 Raises $46M, Backed by Bill Gates’ Breakthrough Energy
(日本語訳)低炭素建築材料のスタートアップTerra CO2、ビル・ゲイツのBreakthrough Energyからの支援を受け、4600万ドルを調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る