PepsiCo、Iberdrolaと協力し、スペインとポルトガルの全拠点で再生可能エネルギーによる電力供給を実現

7月12日、食品・飲料大手のPepsiCoは、世界的なエネルギー企業であるIberdrolaとの新たな長期売電契約(PPA)により、スペインとポルトガルの全事業所の電力に再生可能エネルギーを供給することを発表した。

Iberdrolaは、PepsiCoの11の工場、施設、物流、配送センターに、スペインで開発中のフランシスコ・ピサロ太陽光発電(PV)施設からグリーンエネルギーを供給する予定だ。同施設は、年間15万トンのCO2排出を抑制することが期待されており、設置容量590MWの欧州最大の太陽光発電所となる予定だ。

本契約は、PepsiCoが2040年までにネット・ゼロを達成するという目標に貢献し、同社のサステナビリティフレームワーク「pep+」の一部を形成している。また、PepsiCoは2020年に、2030年までに全世界の自社所有・管理事業で、2040年までにフランチャイズ事業とサードパーティ事業全体で、再生可能エネルギー100%の電力を調達する目標を発表している。

PepsiCoは最近発表したESGレポートの中で、直営事業における世界の電力需要の70%を現在再生可能エネルギーで賄っていることを明らかにしている。

【参照ページ】
(原文)PepsiCo teams up with Iberdrola to drive green electricity at all of its sites in Spain and Portugal

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る