ネスレ、世界輸送の半分をグリーン燃料にシフト

ネスレ、世界輸送の半分をグリーン燃料にシフト

12月6日、世界的な食品・飲料会社であるネスレは、同社が全世界で必要とする輸送量の半分に相当する量を、代替の低排出ガス燃料に転換することを可能にする一連の契約を、即時発効することを発表した。

ロジスティクス大手のハパックロイド、マースク、CMA CGMと締結した契約により、ネスレは貨物輸送に廃棄物から作られた燃料などのグリーン燃料を使用し、年間約20万トンの温室効果ガス排出量を削減し、約50万バレルの原油の使用を回避すると発表した。

ネスレは2019年に、2050年までに温室効果ガス(GHG)排出量ネット・ゼロを達成するというコミットメントを発表し、2020年には、2025年までに20%、2030年までに50%の排出量削減を達成するという目標も含む、気候変動目標を達成するための「期限付き計画」を発表した。

今年初めに発表された同社のネット・ゼロ・ロードマップによると、ネスレのフルスコープのカーボンフットプリントの約8%を物流が占めており、同社は2030年までに物流排出量を2018年を基準として100万トン削減することを目標としている。輸送排出量に対処するためのロードマップで説明されている主な取り組みには、低排出燃料への切り替え、燃料消費の削減、車両スペースの最大利用などが含まれる。

マースクとの契約に基づき、ネスレは出荷する海上コンテナの100%にマースクのECOデリバリーソリューションを使用する。ECO Deliveryは、荷主が化石燃料をグリーンメタノールや廃棄物由来のバイオディーゼルなどのグリーン燃料に置き換えることを可能にし、直接的な排出削減を可能にする。マースクによると、これらの輸送による海上排出量は、従来の化石燃料を使用した場合と比較して80%以上削減されるという。Hapag-Lloyd社との契約では、廃棄物や残渣ベースのバイオ燃料を利用し、ネスレの輸送量の100%に同社の「シップ・グリーン」ソリューションを使用する。ネスレはまた、CMA CGMの取扱量の100%にACT with CMA CGM+プログラムを利用し、輸送にバイオ燃料を使用する。

【参照ページ】
(原文)Navigating a better course: Nestlé moves to lower carbon alternatives for shipping
(日本語参考訳)より良い航路へ: ネスレ、低炭素輸送への転換を図る

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る