日本の金融機関8社を含む263の金融機関、CDPを通じて企業の気候・森林・水に関するデータ報告を要請

6月29日、気候変動調査のプロバイダーであり、環境情報開示のプラットフォームであるCDPは、気候変動、森林、水の安全保障への影響を開示するよう求めるキャンペーンを実施した。環境に大きな影響を与える約1,500社がその対象となる予定であり、本キャンペーンには31 兆米ドル以上の資産を保有する 263 の金融機関(日本の8金融機関を含む)が参加した。

CDPは、グローバルな環境情報開示システムを運営し、投資家やその他のステークホルダーが、気候変動、森林破壊、水の安全保障などの主要な環境サステナビリティ分野における企業のパフォーマンスを測定・追跡することを可能にしている。CDPのデータは、Bloomberg、STOXX、Trucost、FTSE/Russell、MSCI、ISS ESGなどの情報サービスプロバイダーによって、投資リサーチ、商品、インデックス、格付けに活用されている。

本キャンペーンでは、263の金融機関が夏に、CDPシステムを通じてデータを開示する企業に働きかける予定である。キャンペーンの対象となる企業は、テスラ、エクソンモービル、サウジアラムコ、グレンコアなどで、時価総額は約25兆ドル(約3300兆円)に上る。

CDPによると、昨年も同様のキャンペーンを行ったところ、対象となった企業の開示率が60%近く上昇し、投資家との直接対話による開示率も2倍以上となった。

今年のキャンペーンでは、参加する投資家が大幅に増え、昨年比57%増となっている。また、投資家の関心は気候変動報告以外にも広がっているようで、水や森林関連の影響についてエンゲージメントの対象となった企業数は、それぞれ51%と36%増加している。

【参照ページ】
日本の金融機関 8 社を含む、過去最高となる 263 の金融機関(資産総額 31 兆米ドル)が 1,400 社以上の非開示企業へ環境データ開示を要請

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る