BHP、ニューカッスル大学との低炭素鋼に関する研究・提携を拡大

 

2月7日、BHPは、ニューカッスル大学の製鉄材料研究センター(CIMR)との提携を拡大し、製鉄の脱炭素化に関する継続的な研究を支援するため、さらに1,000万豪ドル(約8.3億円)の資金提供を発表した。

本プログラムは、BHP社の鉄鉱石と冶金用石炭を用いた低炭素製鉄に焦点を当て、水素を添加した従来の高炉製鉄や、新たな低炭素製鉄技術の研究を含んでいる。またBHPの4億米ドル(約460億円)の気候変動投資プログラムから資金提供を受け、次世代の博士号取得研究者やエンジニアの育成に貢献する。

BHPとニューカッスル市、ニューカッスル大学とは、1957年に鉄鋼の共同研究を開始して以来、長い歴史がある。2010年のニューカッスルエネルギー資源研究所(NIER)の設立も、BHPによる地域社会と製鉄研究への支援の大きな一歩となった。CIMRはNIERに設立された最初のセンターの一つで、従来の製鉄プロセスにおけるBHPの鉄鉱石と冶金石炭の利用を支援する製鉄研究を行っている。

現在のBHPマーケティングチームの多くは、ニューカッスル・テクノロジーセンターでキャリアをスタートした。ニューカッスル大学副学長のアレックス・ゼリンスキー教授は、今回の資金提供を歓迎し、NIERの継続的な活動は世界の脱炭素化のために必要なイノベーションの推進に役立つと述べている。

【参照ページ】
(原文)BHP extends low carbon steel research partnership with the University of Newcastle
(日本語訳)BHP、ニューカッスル大学との低炭素鋼研究提携を拡大

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る