ゴールドマン・サックス含む11社、金融市場の「Sustainable Trading」イニシアティブに参加

5月10日、ESGに特化した金融市場の業界ネットワークであるSustainable Tradingは、新たに11社を会員に迎えたことを発表した。新メンバーには、キャピタル・グループ、Cboeヨーロッパ、シティ、コーウェン、フィデリティ・インターナショナル、フィデリティ・マネジメント&リサーチ・カンパニー、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント、グッドボディ、ノーザン・トラスト、ベルン・グローバル、ウェリントン・マネジメントが含まれている。

2022年2月に設立されたSustainable Tradingは、金融市場の取引業界におけるESG慣行を変革することを目的としている。本追加により、ネットワークは40社以上となる。メンバーはワーキンググループに参加して、取引インフラの構築、維持、運用による環境への影響の評価、多様性、公平性、包括性の理解と重要性の向上による前向きな変化の促進、従業員の福利厚生、コミュニティとの関わり、ステークホルダー重視の企業統治など、より幅広いESG課題の検討などのテーマに取り組む。

【参照ページ】
(原文)11 more firms join Sustainable Trading industry initiative
(日本語訳)さらに11社が持続可能な貿易業界のイニシアチブに参加

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-24

    UNEP FI、マクロ経済モデルを用いた短期的な気候関連ショックを分析

    5月、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)は、 英国の国立経済社会研究所(NIESR) …
  2. 2022-5-24

    中国、ILOの強制労働条約の批准を承認

    4月20日、国際労働機関(ILO)は、中華人民共和国全国人民代表大会が、1930年の強制労働条約(…
  3. 日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    2022-5-24

    日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    5月19日、岸田文雄首相は、日本の脱炭素化およびクリーンエネルギー移行目標を達成するための大規模な…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る