ゴールドマン・サックス含む11社、金融市場の「Sustainable Trading」イニシアティブに参加

5月10日、ESGに特化した金融市場の業界ネットワークであるSustainable Tradingは、新たに11社を会員に迎えたことを発表した。新メンバーには、キャピタル・グループ、Cboeヨーロッパ、シティ、コーウェン、フィデリティ・インターナショナル、フィデリティ・マネジメント&リサーチ・カンパニー、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント、グッドボディ、ノーザン・トラスト、ベルン・グローバル、ウェリントン・マネジメントが含まれている。

2022年2月に設立されたSustainable Tradingは、金融市場の取引業界におけるESG慣行を変革することを目的としている。本追加により、ネットワークは40社以上となる。メンバーはワーキンググループに参加して、取引インフラの構築、維持、運用による環境への影響の評価、多様性、公平性、包括性の理解と重要性の向上による前向きな変化の促進、従業員の福利厚生、コミュニティとの関わり、ステークホルダー重視の企業統治など、より幅広いESG課題の検討などのテーマに取り組む。

【参照ページ】
(原文)11 more firms join Sustainable Trading industry initiative
(日本語訳)さらに11社が持続可能な貿易業界のイニシアチブに参加

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る