SBTi、化石燃料関連企業の炭素削減目標の受け付けを拒否。年内に同セクター向けの目標設定手法を発表

SBTi、 化石燃料企業の過去のコミットメントを削除

CDP・WRI(世界資源研究所)・WWF(世界自然保護基金)・国連グローバル・コンパクトによる共同イニシアティブであるSBTi(Science Based Targets initiative)は、今後は化石燃料会社からのコミットメントや目標の検証を受け付けないと発表した。

この方針は直ちに有効となり、これらの企業がSBTiを通じて行った過去のコミットメントは、2022年3月10日までに削除が完了する予定だ。

SBTiは、今後イニシアティブに参加できなくなる企業の基準を提示。この基準には、「石油・ガス、探査・生産、精製・販売会社、石油製品販売会社、ガス販売会社、小売店など、活動から生じる収益の割合にかかわらず、石油・天然ガス・石炭・その他の化石燃料の探査、抽出、採掘、生産にあらゆるレベルで直接関与する会社」が含まれている。

具体的にこれらの基準には化石燃料の販売・送電・流通、または化石燃料企業への設備やサービスの提供から50%以上の収益を得ている企業が含まれ、潜在的にそのコンサルタントやアドバイザーも影響を受けることになる。

SBTiは、「石油・ガスセクターの企業が科学的根拠に基づく目標を設定するための新しい手法」を開発中であり、そのためにピアレビューを計画していると述べている。これについては、年内にさらなるガイダンスを発表する予定だ。

【参照ページ】
(原文)Guidance for the oil and gas sector
(日本語訳)石油・ガスセクター向けガイダンス

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る