CDPとISS、ファンドの気候変動格付Climetricsの最新結果を発表

CDP、環境パフォーマンスのトップレートファンドのリストを発表

3月8日、環境情報開示を推進する国際NGOのCDPと議決権助言世界大手ISS傘下の気候変動アドバイザリーISS-Climateは、ファンドの気候変動インパクト格付「Climetrics」の2月時点の最新結果を公表した。

今回はグローバル・欧州・米国・新興市場の4つの株式カテゴリーからそれぞれ5ファンドずつが選ばれた。ランクインした16のアセットマネージャーのうち、15社が「ネット・ゼロ・ファンド」イニシアティブに参加している。

Climeticsでは世界約2万のファンドを毎月格付けし、無料で閲覧できるようにしている。評価には気候変動・森林破壊・水の安全保障などの問題に対するパフォーマンスや、ファンドの保有ポートフォリオ・投資方針・気候問題に対する資産運用会社のガバナンスなどを考慮している。

【参照ページ】
(原文)CDP Search all fund Ratings

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. EU、グリーンディール産業計画を開始

    2023-2-6

    EU、グリーンディール産業計画を開始

    2月1日、欧州委員会は欧州のネット・ゼロ産業の競争力を強化し、EUの気候ニュートラルへの移行支援を…
  2. UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    2023-2-6

    UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    1月31日、欧州の商業銀行UniCreditは、石油・ガス、発電、自動車など、炭素集約型の一連のセ…
  3. アル・ゴアの気候変動基金、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2023-2-6

    Just Climate、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2月1日、気候ソリューションに特化した投資事業であるJust Climateは、鉄鋼セクターの脱炭…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る