グラフェン「超素材」スタートアップのLyten、脱炭素が困難なセクターのため約290億円を調達

グラフェン「超素材」スタートアップのLyten、脱炭素が困難なセクターのため約290億円を調達

9月12日、先端技術企業であるLytenは、2億ドル(約290億円)を調達したと発表した。本資金調達で得た資金は、同社の3Dグラフェンスーパーマテリアルに基づき、GHGを排出する最大級のセクターのいくつかに脱炭素ソリューションを提供し、一連の新製品の生産規模を拡大することを目的としている。

2015年に設立されたカリフォルニアに本拠を置くLytenは、最も脱炭素化が困難ないくつかのセクターの脱炭素化のために、同社の3Dグラフェンを活用したアプリケーションを開発している。2Dグラフェンは炭素原子の単層シートで、鋼鉄よりも強く、ゴムよりも柔軟で、銅よりも電気伝導性が高く、超軽量であるなどの特性を持つ。同社の3Dグラフェンは、その特性を他の材料に注入することを可能にすることで、スーパーマテリアルの商品化を可能にする。

本資金調達で支援される新しい製品ラインには、ニッケル、コバルト、マンガン、グラファイトを使用せず、CO2排出量を抑えた次世代リチウム硫黄電池、自動車、航空、産業などの用途で構造強度と衝撃強度を維持しながらプラスチック使用量を半分まで削減できる軽量複合材料、自動車、産業、健康、安全用途で検知能力を向上させる高度なセンサーアレイなどがある。

Lytenは、ステランティス社やフェデックス社を含むフォーチュン500の企業や、米国政府と新製品の供給について協力していると述べた。同社は、今年中に最初の商業用複合材料アプリケーションを顧客に提供する予定である。

【参照ページ】
(原文)PRESS RELEASE: Lyten Raises $200M in Series B Equity Round
(日本語訳)グラフェン「超素材」スタートアップのLyten、脱炭素が困難なセクターのために2億ドルを調達

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る