デロイト、セールスフォース、AT&T、IoTを活用したESGデータ管理ソリューションで協業

デロイト、セールスフォース、AT&TがIoTを活用したESGデータ管理ソリューションで協業

7月19日、グローバル・プロフェッショナル・サービス企業のデロイト、CRMソリューション・プロバイダーのセールスフォース、通信大手のAT&Tは、モノのインターネット(IoT)を活用したコネクティビティ・ベースのアプローチにより、企業がESGデータを収集・管理できるよう支援することを目的とした新たな協業を発表した。

AT&Tの資産管理ソリューションは、固定資産やモバイル資産を含む組織の排出源への直接接続を提供する。デロイトのサステナビリティ管理ソリューションであるSustainability 360は、セールスフォースの排出量およびESGデータプラットフォームであるNet Zero Cloudを活用している。

両社によると、排出源への直接接続とサステナビリティ管理ソリューションを組み合わせることで、企業は手作業によるデータ収集を減らし、報告書や情報開示におけるESGデータの完全性を高めることができる。

両社はさらに、今回のコラボレーションは、AT&TのConnected Climate Initiativeに対するデロイトとセールスフォースのコミットメントも基盤にすると付け加えた。2021年に開始されたこのイニシアティブは、テクノロジー、デジタルインフラ、エネルギー企業、大学、その他の組織との協力を通じて、2035年までに10億トンの温室効果ガス(GHG)排出量を削減し、世界規模でブロードバンド対応の気候ソリューションを提供することを目標としている。

【参照ページ】
(原文)Deloitte, AT&T and Salesforce to Simplify ESG Data Collection and Sustainability Management Through Connectivity-based Approach
(日本語訳)デロイト、AT&T、セールスフォース、コネクティビティベースのアプローチでESGデータ収集とサステナビリティ管理を簡素化

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る